【資産運用】2019年の年間成績と2020年の資産運用について

年間損益

これまでの資産運用は、不動産投資、FXMT4、FXスワップ運用がメインになっていました。

ソーシャルレンディング、つみたてNISA(投資信託)、iDeCo(個人型確定拠出年金)などもコツコツと運用しています。

これからはもっと幅広く運用していく必要があると思い、2020年から複数の投資をうまく活用して分散投資をしていくことに決めました。

これから始める投資もあれば、少額で運用している投資もあるので勉強しながら運用していきます。

投資の種類

インカムゲイン:資産を保有していることで得られる収益

キャピタルゲイン:資産の価値が変動し、その資産を売買することで得られる収益

投資対象取引方法インカムゲインキャピタルゲイン
株式現物株式(株主優待)
信用取引
積立プチ株
投資信託つみたてNISA
ETF(上場投資信託)システムトレード
FX(為替証拠金取引)MT4/MT5
システムトレード
スワップ運用
スワップサヤ取り
CFD(差金決済取引)MT4(株価指数)
個人型確定拠出年金iDeCo
仮想通貨仮想通貨取引
MT4
ソーシャルレンディング
不動産

投資と一言で言っても種類、投資方法がたくさんあることが分かりますよね。

この投資を少しずつ実践していこうと思っています。

少額で運用していくつもりなので、簡単にマネをすることができると思います。

株式投資

株式投資とは、株を売買してその差額の利益を得る投資商品です。

現物株式(株主優待)

  • 現物取引で株主優待の権利の付いた株式を購入し、配当と株主優待を受け取る投資。
  • 株価が上がれば、キャピタルゲインの収益も得ることができる。
  • 手数料がかかるので注意が必要。

信用取引

  • レバレッジ3.3倍で株式の売買をすることでキャピタルゲインを得る投資。
  • 信用取引をしていると「金利」と「貸株料」のどちらかを支払う必要がある。

積立プチ株

  • 毎月の積立で株を購入することができる。
  • 500円、1株から購入することができる。(通常は1単位100株)
  • 株主優待、配当を受け取ることができる。(必要株数を保有している場合)

投資信託(つみたてNISA)

投資信託とは、運用の専門家が株式や債券などに投資運用する商品です。

つみたてNISA

  • 年間40万円までの投資が非課税になる。
  • 20年間投資の投資が非課税になる。

ETF(上場投資信託)

ETFとは、特定の指数の動きに連動する上場した指数連動型の投資信託です。

システムトレード

  • 決まった一定のルールに従って継続的・機械的にトレードするシステム。
  • 複雑な計算をプログラムが売買していく。
  • 経験や勘といった感情的な投資判断をしない。
  • システムと相場が合致していないと損失が出る。

FX(為替証拠金取引)

FXとは通貨を売買することによって差額の利益を得る投資です。

  • レバレッジ25倍での取引が可能。

MT4/MT5

  • MT4(メタトレーダー4)はロシアの「MetaQuotesSoftware社」が開発した高機能FX取引ソフト
  • EA(プログラム)をつかって自動売買ができる。
  • プログラミングの知識があれば自作EAで自動売買ができる。
  • バックテストで自動売買プログラムの検証ができる。

システムトレード

  • 決まった一定のルールに従って継続的・機械的にトレードするシステム。
  • 複雑な計算をプログラムが売買していく。
  • 経験や勘といった感情的な投資判断をしない。
  • システムと相場が合致していないと損失が出る。

スワップ運用

  • 通貨を保有することでスワップ(金利)を受け取ることができる。
  • 売りで保有するとスワップがマイナスになる。
  • 相場の下落によってロスカットの危険がある。

スワップサヤ取り

  • 同じ動きをする通貨で売りと買いを保有する。
  • スワップポイントの差額を受け取ることができる。
  • 同じ動きをするので評価損益が一定なのでロスカットされるリスクが低い。

CFD(差金決済取引)

CFDとは、売買の際に取引金額のやり取りをせずに、売買の発生した差額のみをやり取りする投資です。

株価指数

株価指数とは、株式の相場の状況を示すために、個々の株価を一定の計算方法で総合し、数値化したものです。

MT4

  • MT4(メタトレーダー4)はロシアの「MetaQuotesSoftware社」が開発した高機能FX取引ソフト
  • EA(プログラム)をつかって自動売買ができる。
  • プログラミングの知識があれば自作EAで自動売買ができる。
  • バックテストで自動売買プログラムの検証ができる。

個人型確定拠出年金「iDeCo」

iDeCoは、毎月定額を積み立てていって、 60歳になったときに引き出せる個人型の年金制度です。

iDeCo

  • iDeCoへ積み立てした分の金額は、その年の所得から控除される。
  • 運用益は非課税です。
  • 運用商品は、国が定めた定期預金・保険・投資信託から選ぶことができる。

仮想通貨

仮想通貨とは、コインやお札のような形のある実体を持っていない通貨です。

仮想通貨

  • デジタルデータとしてだけ存在するお金です。
  • 特定の国家、金融機関が関与していないお金です。
  • 手数料が安い。
  • 銀行を通さないので送金スピードが速い。
  • 24時間365日、取引をすることができる。

MT4

  • MT4(メタトレーダー4)はロシアの「MetaQuotesSoftware社」が開発した高機能FX取引ソフト
  • EA(プログラム)をつかって自動売買ができる。
  • プログラミングの知識があれば自作EAで自動売買ができる。
  • バックテストで自動売買プログラムの検証ができる。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資仲介サービスです。

ソーシャルレンディング

  • 利回りのいい資産運用ができる。
  • 小額から投資することができる。
  • ネットですべてできるので管理の手間がかからない。
  • 安定して運用することができる。

不動産投資

マンションやアパートを購入し、賃貸で利益を得る手法です。

不動産投資

  • 安定した収益を出し続けることができる。
  • 建物、土地に多額の資金が必要です。
  • 銀行からの借り入れで投資をする場合、借金を背負うことになる。
  • 建物の老朽化で修繕費が必要になる。
  • 空室が出ることで収入が減る。

2020年の資産運用方法

2020年1月1日時点での資産運用を確認します。

2019年の11月、12月に始めたばかりの資産運用は少額で細々と運用しているところです。

投資対象取引方法EA通貨ペア取扱業者
国内FXMT4DynamicBollingerFive複数通貨OANDA Japan
DynamicHiLoBand複数通貨FOREX.com
TrapTradeSystem複数通貨外為ファイネスト
Takonomori複数通貨FXTF
TrendBlazerOptinal複数通貨FOREX EXCHANGE
TrendBlazerOptinal複数通貨アヴァトレード
DynamicHiLoBand複数通貨Dukascopy
Takonomori複数通貨EZInvest
MT5TrapTradeSystemOANDA Japan
DynamicHiLoBand複数通貨アヴァトレードMT5
海外FXMT4TakonomoriGBPNZDFBS
TakonomoriEURNZDTitan FX
TakonomoriGBPUSDHotForex
投資対象取引方法通貨ペア取扱業者
FXスワップ運用MXNJPYセントラル短資FX
TRYJPYマネーパートナーズ
ZARJPYみんなのFX
CNHJPYLIGHT FX
BRLJPYSBI FXTRADE
スワップサヤ取りEURJPY/PLNJPYFXプライムbyGMO
投資対象取引方法システム通貨ペア取扱業者
FXシステムトレードトラリピCADJPYマネースクエア
トライオートFXCADJPYインヴァスト証券
iサイクル2CADJPY外為オンライン
ループイフダンCADJPYアイネット証券
トラッキングトレードCADJPYFXブロードネット
投資対象取引方法システム銘柄取扱業者
ETFシステムトレードトライオートETFナスダック100トリプルインヴァスト証券
投資対象取引方法EA銘柄取扱業者
CFDMT4複数EAAussie200EZInvest
投資対象取引方法EA銘柄取扱業者
仮想通貨現物取引複数通貨GMOコイン
投資対象ファンド取扱業者
ソーシャルレンディング事業性資金支援ローンファンドmaneo
米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンドクラウドバンク
CREAL
不動産ローンファンドLENDEX
SAMURAI証券
Funds
投資対象取引方法取扱業者
投資信託つみたてNISAauカブコム証券
確定拠出年金iDeCo楽天証券
不動産投資戸建賃貸

*MT4の海外FXは10月までに撤退予定

2020年から始める投資

現在行っている投資も試行錯誤で運用していますが、2020年からも視野を広くして運用の種類を増やしていきます。

投資対象取引方法取扱業者
株式現物株式株主優待auカブコム証券
信用取引auカブコム証券
プチ株プレミアム積立auカブコム証券
仮想通貨MT4BTCJPYBITPoint

上記の表に記載されている運用方法は、過去に資産運用していたものばかりなので、1月から順番に運用していきます。

2019年の年間損益

2019年の年間成績は、プラスで終えることができました。

11月、12月は評価損益を減らすために損切りをしてマイナスになりました。

新しい投資を始めるために評価損益を減らし、撤退していく口座の評価損益が利益よりも大きくなり、結果マイナスになってしまいました。

投資対象取引方法年間損益(円)
株式現物株式(株主優待)0
信用取引0
積立プチ株0
投資信託つみたてNISA301
ETF(上場投資信託)システムトレード2,172
FX(為替証拠金取引)MT4331,273
MT55,180
システムトレード156,631
スワップ運用199
スワップサヤ取り68,256
CFD(差金決済取引)MT4(株価指数)838,579
個人型確定拠出年金iDeCo20,012
仮想通貨仮想通貨取引-528
MT40
ソーシャルレンディング4,736
合 計1,426,811

2019年の年間損益は、1,426,811円ということになりました。

MT4の株価指数で大きく利益を上げることができました。

その株価指数のMT4は海外口座だった為、現在は撤退しています。

代わりに国内FX会社のEZInvestで株価指数を運用し始めたところです。

2020年は複数の投資で分散しながら効率よく利益を出していければいいと思います。