【トラリピ】トラリピの月間損益と設定

システムトレード

FXを始めようと思ったけれど、自分でチャート見ながら情報を集めて売買するのは素人では難しいですよね。

私も同じです。

だから、FXの自動売買「トラリピ」で運用しています。

結果を見てもらえば分かりますが、失敗続きで現在も損失が大きくあり成功しているとは言えません。

自分で考えていろいろな設定を繰り返してきた結果です。

今から始める人は、他のブログ等でも設定方法などがあるのでこんな失敗はありえないと思います。

それでは「トラリピ」を詳しく紹介します。

失敗の経緯と月間損益

2014年 投資スタート

FXを始めたのが2014年8月からですが、なかなかの成績です。

2014年11月からトルコリラ/円でのスワップ金利で資産を増やそうとして、トルコリラ/円のみを購入。少し値上がりすると売るというスタンスでやっていたと思います。この時のトルコリラ/円は安値に近いところから上がり続けていて、スワップ金利が高いという最高の状態だったため買いまくっていました。保有していたトルコリラ/円が急激な値上がりをしたので12月にすべて売ったため売買損益が大きくなりました。

2014年損益合計売買損益スワップ金利
8月15,26614,2001,066
9月24,82221,7403,082
10月89,80075,66014,140
11月102,13475,36026,774
12月417,001376,03040,971

2015年 チャイナ・ショック

2015年8月24日 「チャイナ・ショック」

トルコリラ/円でのスワップ金利投資をしていますが、前半は想定内で利益を出していました。ですが、チャイナショックの影響で8月、9月に損切して結局、マイナスで終わることになりました。
年明け、チャイナショックの影響がどこまで続くのか?今のところ、収まる気配がないのが不安です。
この時期はトラリピFXをしていたわけではなく、スワップ金利で利益を出していました。トルコリラ/円を大量に保有していた為、レートが下がりだしたら損切りするしかなく不安な毎日を送っていました。
今考えると、適度に購入し毎月のスワップ金利で買い増していく。という方法をとっていればここまで悪化することはなかったと思います。(来年以降)

2015年損益合計売買損益スワップ金利
1月99,22835,70063,528
2月123,1002,360120,740
3月156,409‐2,870159,279
4月325,0180325,018
5月441,63193,020348,611
6月652,391226,199426,192
7月1,556,5411,197,825358,716
8月‐834,229‐1,255,698421,469
9月‐4,006,638‐4,441,720435,082
10月438,53715,400423,137
11月463,94231,750432,192
12月429,9880429,988

2016年 ロスカットとブレグジット

この年はやはりチャイナショックの影響が続き、1月から大相場になり下げ止まることなく下がり、最終的にロスカットされました。

「トルコリラ/円」スワップ金利投資の終了をした年でした。

それと同時に、トラリピFXスタートの幕開けの年でもありました。一時は投資をやめようかとも思いましたが、トラリピのすごさが今頃わかりはじめ、設定の変更を繰り返し繰り返し行いました。

トラリピを始めたばかりの時に、まさかのブレグジット。まさかの結果です。ここでも大きく損失を出しトラリピのスタートに不吉な感じが。

トランプ大統領誕生でどうなる?

2016年損益合計売買損益スワップ金利
1月‐4,139,365‐4,507,540368,175
2月‐10,399,251‐10,537,753138,502
3月442,913444,643‐1,730
4月‐518,519‐518,891372
5月214,140209,7914,349
6月‐2,579,394‐2,588,1088,714
7月‐50,852‐50,810-42
8月61,21760,350867
9月58,35058,150200
10月‐112,614‐113,300686
11月66,78865,4121,376
12月101,687105,683‐3,996

2017年 トランプ相場

トランプ大統領誕生でトランプ相場。好景気に後押しされてすべてが買い買い買いと相場は上がる一方でしたが、少し陰りが見えてきた中旬。

トランプ相場で利益拡大、トランプ様様です。

2017年損益合計売買損益スワップ金利
1月168,878171,173‐2,295
2月177,312179,111‐1,799
3月222,766224,579‐1,813
4月198,041189,3848,657
5月141,289127,59113,698
6月186,928175,40111,527
7月196,179186,8089,371
8月181,443147,40434,039
9月120,764102,55318,211
10月60,63137,46923,162
11月64,34038,36625,974
12月120,26097,08823,172

2018年 トルコ・ショック

トルコショックの影響がつづいています。

トルコリラ/円のポジションが多くなりすぎたということと、どこまで下がるのかということで損切りして一度ポジションをゼロにしました。それが8月のマイナスです。

現在は、トルコリラ/円を再設定して自動売買しています。

2018年損益合計売買合計スワップ金利
1月93,76973,62820,141
2月79,24861,63417,614
3月79,08357,67521,408
4月95,18873,54521,643
5月185,458169,82015,638
6月157,216143,90313,313
7月149,771134,05215,719
8月‐603,832‐609,9366,104

ここから仕様の変更

2018年投資元本現金残高損益累計損益評価損益維持率
9月19,000,0004,874,616160,113-14,125,384-2,072,940195%
10月19,000,0005,005,144130,528-13,994,856-2,229,102185%
11月19,000,0005,137,840132,696-13,862,160-1,877,837231%
12月19,000,0005,251,659113,819-13,748,341-2,692,806145%

2019年 アップル・ショック

2019年1月3日 「アップル・ショック」一瞬の出来事でした。

またまたロスカット「ショック」ほんとうにショックでした。

ロスカットされる瞬間を見ていましたからね。ある意味、すごい経験です。

理由は簡単です。手数料が無料になり設定を変更しました。それが原因です。

忙しくて時間がないときに設定変更した為、以前からの設定をいくつか消していなかったのです。ということは、いくつかの通貨ペアは2倍の設定で動いていたのであっという間にロスカットされました。

維持率が予定より低いのが気にはなっていたのですが。まぁ、終わったことはしょうがないので、次に頑張ります。

 投資元本現金残高損益累計損益評価損益維持率
1月19,000,0001,260,808-3,990,851-17,739,192-28,016610%
2月19,000,0001,288,38527,577-17,711,615-158,156380%
3月      
4月      
5月      
6月      
7月      
8月      
9月      
10月      
11月      
12月      

マネースクエア

マネースクエアのStrategy Statement

マネースクエアは、取引に時間をかけず、ミドルリスク・ミドルリターンを取り入れた中長期的な資産形成を目指すお客様層に対して、トラリピのテクノロジーと、そのテクノロジーを十二分に活かすための投資家教育の両方を差別化要因としながら、マーケットボラティリティを活用した資産成長の機会を提供する顧客本位のFintech企業(アセットマネジメントテック)として、より豊かな社会を創造する

5つのプレミアムサービス

トラリピ運用をサポートする5つのプレミアムサービス

トラリピ1クリック

トラリピ1(ワン)クリックはトラリピの発注設定を1クリックであなたのトレード画面に反映できる便利な機能です。

「トラリピ初心者で設定がよくわからない」という方、「相場にあった注文設定に悩んでいる」という方でもモデルを選んだら1クリックで、設定完了。

簡単にトラリピ運用をはじめられます。

らくトラ運用試算表

注文設定を入力するだけで、レートがどれくらい下がったらロスカットになるか?

ストップロス成立時の損失額は?

といったリスクを自動計算してくれる便利ツールです。

マーケット情報

投資戦略から日々の最新市況、毎週・毎月の相場見通しまで、質・量ともに充実した市況レポートをお届けします。

通貨ペアの選択・売買値幅の決定・売買タイミングの見極めなどをサポートします。

また、気になる特定テーマを掘り下げた情報も提供します。

主なレポート

  • Today’s Flash!:本日の相場見通し全般を配信
  • オセアニア・レポート:オセアニアをはじめ高金利通貨の情報を配信
  • スポットコメント:最新の相場材料を深掘りして詳しく解説
  • 注目のチャート:ひと目でわかるチャートポイント!
  • 市場調査部レポート:一週間を振り返るとともに、翌週の為替相場の見通しを提供
  • シナリオレポート:マーケットの注目イベントを取り上げ、仮説に基づいた相場シナリオを提供
  • 吉田恒のマーケットウォッチ:マーケット情報のみならず著名人との対談レポート等の情報を公開
  • 比嘉洋のマーケットNOW:向こう1週間を予測するコンパクトなファンダメンタルズレポート
  • 現役ファンドマネージャーの”極意”:現役ファンドマネージャーとして活躍する西山氏の実際の取引手法を惜しみなく公開

M2TV

日々の為替市況をさまざまな角度から読み解く「マーケットViewチャンネル」や、具体的な投資戦略を解説する「投資戦略チャンネル」など、豊富なチャンネルをご用意。

トラリピ初心者向けにはトラリピへの理解を深められる「トラリピチャンネル」もご用意しています。

M2TV
マネースクエアが運営する、投資家のための動画配信サイト。スペシャリストによる日々のマーケット解説からFXトラリピ運用のための情報まで、幅広く提供しています。

トラリピの設定

トラリピとは

上がれば下がる、下がれば上がる、で一定の幅を24時間行き来する為替相場を「何回も繰り返して自動取引」「何度も罠を仕掛けるように取引設定」できるのがマネースクエアの「トラリピ」です。

90秒でわかる マネースクエアの独自注文「トラリピ」

「ハーフ&ハーフ」

「ハーフ&ハーフ」とは、相場の価格が高いところでは売りの設定をして、価格の低いところでは買いを設定するというものです。

この表で説明すると、95円~105円を売り、85円~95円を買いで設定します。

「ハーフ&ハーフ」がなぜいいのか?

すべて「買いトラリピ」設定の場合と「ハーフ&ハーフ」設定の場合では、

95円で買ったものが85円まで下がるのと、下の表のように105円から下がるのでは含み損が倍以上になります。

資金が倍以上必要になるので、少ない資金で効率よく投資するためにはかなり効果的な設定方法だと思います。

決済トレール

決済トレールとは、決済価格をトレンドに乗って追いかけていき決済価格の拡大を狙うシステムです。

こちらをご覧ください。

お探しのページは見つかりませんでした|マネースクエア
お探しのページは見つかりませんでした|マネースクエア

新規発注の基本

注文方法 : らくらくトラリピ

通貨ペア : 各通貨ペア

注文金額 : 0.1万通貨(1,000通貨)ただし、南アフリカランド/円は1万通貨

レンジ : 買・売

トラップ本数 : 50本づつ新規注文

利益金額 : 各通貨で違ってきます。

決済トレール : 設定する 0.20円 トルコリラ/円・南アフリカランド/円 0.10円

ストップロス : 設定しない

設定後はこんな感じに設定できます。(上の画像と下の画像の通貨ペアが違いますが気にしないでください。)

Excel(エクセル)で管理

資金が豊富にあり一括ですべての設定をできる人は関係ありませんが、少ない資金で新規発注をしていくとどこまで設定したのか分からなくなります。

一応、トラリピの画面でも確認できますが、できれば自分で管理したほうが分かりやすいですし、設定の変更など考える時にも活用できます。

こんな感じで使っていますが、本人が分かりやすければOK

基本設定

「ZAR/JPY」は、1万通貨

「GBP/JPY」「ZAR/JPY」は、発注値幅 40pips これ以外の通貨ペアは、20pips

利益金額については、金額の多いほうが利益が多くなります。ですが、毎日、何回も決済してほしいので利益よりも幸福感を選んでこの設定にしてあります。自由に変更して設定してください。

通貨ペア レンジトラップ本数利益金額
USD/JPY85~104.9200本200円
 105~124.9200本200円
EUR/JPY105~124.9200本200円
 125~144.9200本200円
EUR/USD1.0000~1.1990200本2ドル
 1.2000~1.3990200本2ドル
AUD/JPY70~89.9200本400円
 90~109.9200本400円
AUD/USD0.6000~0.7990200本2ドル
 0.8000~0.9990200本2ドル
NZD/JPY60~79.9200本200円
 80~99.9200本200円
NZD/USD0.5000~0.6990200本2ドル
 0.7000~0.8990200本2ドル
GBP/JPY110~149.8200本400円
 150~189.8200本400円
CAD/JPY70~89.9200本200円
 90~109.9200本200円
ZAR/JPY4~7.98200本400円
 8~11.98200本400円
TRY/JPY5~19.9150本200円
 20~34.9150本200円

【プラン1】~【プラン4】

これを元にトラリピ設定【プラン1】~【プラン4】まで作りました。

先ほどの設定をいきなりやるには、リスクが高いのでそれなりの資金が必要になります。そこでトラリピ基本設定に少ない資金から設定できるように4つのプランを作りました。

【プラン1】~【プラン4】をすべて追加発注していくと、この基本設定と同じになります。
この基本設定の発注値幅を広くして、さらに「プラン1・2・3・4」がそれぞれ別の発注設定になっている為、4つの設定を追加発注していっても同じ設定は1つもありません。

つまり、【プラン1】から資金に応じて追加していけるので、設定し直すことが必要ありません。

トラリピ設定【プラン1】

最初の設定プラン

【トラリピ】2019年1月のトラリピ設定「プラン1」
マネースクエアのFX自動売買「トラリピ」トラリピ設定【プラン1】トラリピ設定【プラン1】~【プラン4】トラリピの設定【保存版】にトラリピ設定【プラン1】~【プラン4】まで作りました。先ほどの設定をいきなりやるには、リスクが高いので...

トラリピ設定【プラン2】

【プラン1」では物足りない場合の【プラン2】

【トラリピ】2019年1月のトラリピ設定「プラン2」
マネースクエアのFX自動売買「トラリピ」トラリピ設定【プラン2】トラリピ設定【プラン1】~【プラン4】トラリピの設定【保存版】にトラリピ設定【プラン1】~【プラン4】まで作りました。先ほどの設定をいきなりやるには、リスクが高いので...

トラリピ設定【プラン3】

かなり資金が必要、注意。

【トラリピ】2019年1月のトラリピ設定「プラン3」
マネースクエアのFX自動売買「トラリピ」トラリピ設定【プラン3】トラリピ設定【プラン1】~【プラン4】トラリピの設定【保存版】にトラリピ設定【プラン1】~【プラン4】まで作りました。先ほどの設定をいきなりやるには、リスクが高いので...

トラリピ設定【プラン4】

最終設定です。

【トラリピ】2019年1月のトラリピ設定「プラン4」
マネースクエアのFX自動売買「トラリピ」トラリピ設定【プラン4】トラリピ設定【プラン1】~【プラン4】トラリピの設定【保存版】にトラリピ設定【プラン1】~【プラン4】まで作りました。先ほどの設定をいきなりやるには、リスクが高いので...

現在の設定

設定方法は上記で説明したとおりですが、現在の設定をお伝えします。

2019年1月のロスカットになってからの最新の設定はこちらです。

通貨ペア レンジトラップ本数利益金額決済トレール
NZドル/円70~79.9100本400円あり
NZドル/米ドル0.600~0.699100本4ドルあり
NZドル/米ドル0.700~0.799100本4ドルあり