【LIVE】MT4 Real-time forex trading(FXリアルトレード)
YouTube MT4ライブ配信中!!

【EA】MT4でトラリピEA【TrapTradeSystem】ダウンロードから設定まで詳しく説明!!

EA【TrapTradeSystem】

トラリピで有名なトラップリピートトレードをMT4で運用しようということで見つけたのがトラリピEA【TrapTradeSystem】トラップトレードシステムというEAです。

現在も運用中ですがトラリピと同じ、それ以上に使い勝手はいいですね。

国内のFX口座、海外のFX口座の両方で運用が可能になっていますし、トレイリングストップの機能に逆指値(順張り)機能も付いています。

勝てるトレードではなく、負けないトレード。
トラリピと全く同じシステムなので、ロスカットの計算が出来ていれば負けることはありません。

【TrapTradeSystem】とは

トラリピ、サイクル注文、ループイフダンなどの取引手法では満足できなかったシステムを、MT4の柔軟な自動売買プログラムのシステム設計によって充実した機能を持ったMT4のEAが【TrapTradeSystem】です。

主な特徴

  • トラップリピートイフダン
  • トレイリングストップ
  • トラップトレード
  • トレンドフォローの順張り
  • 損切り
  • トラップ設定だけでは証拠金が必要ない(注文がされたときに証拠金が必要になる)
トレンドフォローの順張り:買いのトラップ設定で、相場がどんどん下がっていっても途中の余計な買いポジションを取らないで相場が上がるときに買いのポジションを取っていく。

トラップリピートイフダンとは

トラリピでも有名なこの手法はIFD注文を連続発注して利益を得る為、相場に関係なく相場が動けば動くほど利益が出るということです。

相場を見ていなくても良いので、初心者からベテラントレーダーも愛用しているシステムです。

で買いの仕掛け、で売り

この設定が維持されるので、相場が上下すれば利益を積み重ねることが出来ます。

ハーフ&ハーフとは

トラリピでトレードをしている人の多くがこの「ハーフ&ハーフ」という設定をしています。

簡単にいうと、「上半分を売り設定」「下半分を買い設定」にするだけです。

では、なぜ? この設定をする人が多いのか?

相場というのは、上がった下がる、下がったら上がるというのが基本の考え方です。

そうならない通貨ペアも(トルコリラ/円・南アフリカランド/円)もあります。

基本、レンジ相場にならない通貨ペアはトラリピ設定は不向きです。

「ハーフ&ハーフ」の良いところは

  • 証拠金が半分で済む
  • ロスカットの危険度が半分になる
  • 相場が真ん中に近くなったところでトレードを中止しやすい

「ハーフ&ハーフ」の欠点は

  • スワップポイントのマイナスの相場では、スワップのマイナスが増える
  • 上と下にロスカットの危険地帯が出来る

こちらが「AUD/NZD」の2015年からの週足チャートになりますが、どうですか?

このチャートもとに「ハーフ&ハーフ」の設定を考えると

高値1.1400 安値1.0000 真ん中1.0700 なので

買い設定 1.0000~1.0700 売り設定 1.0700~1.1400

トレイリングストップとは

「トレイリングストップ」をトラリピでは「決済トレール」といっているので混乱するかもしれませんが同じです。

ここでは「トレイリングストップ」で統一します。

買い設定の場合【通常】

決済価格を大きく上に超えていく時に「通常の設定」の場合はその設定価格で決済されてしまいます。

買い設定の場合【トレイリングストップ】

決済価格を大きく上に超えていく時に「トレイリングストップ」の場合はその上昇に決済価格が付いていき、反転して下がり始めたときに決済されます。
結果、相場の大きな変動で利益が何倍も違ってきます。

逆指値(トレンドフォロー)の順張りとは

逆指値(トレンドフォロー)の順張りとは、

買いトラリピ設定【通常】

相場が下がるときに買いトラップを仕掛けていきます。

相場が下がれば下がるほど、買いトラップが増え、評価損益も増え、ロスカットされやすい。

買いトラリピ設定【逆指値・順張り】

相場が下がるときに買いトラップを仕掛けません。そして、相場が上がるときに買いトラップを仕掛け決済していきます。

相場が下がってもトラップを仕掛けないので、評価損益、ロスカットを緩和できます。

さらに「トレイリングストップ」で決済価格を上げていきます。

【TrapTradeSystem】の購入方法

Toraripi EA(MT4及びMT5版、TS機能付き)(トレイリングストップ付TrapTradeSystem.zip)
¥ 18,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。
※こちらの商品はダウンロード販売です。(1052092 バイト)

トラリピを含めたフルスケールのトラップトレードが可能です。逆指値(順張り)機能に加えて、トレイリングストップ機能を装備しています。この商品にはMT4版及びMT5版の2個のEAがパッケージされています。

詳しい説明書で、限られたトレーダーのみが知るトレード手法を紹介しています。従来品(MT4版のみ)の価格をを据え置いていますので、ぜひご愛用ください。

決済方法

  • クレジットカード「VISA」「MasterCard」「American Express」「JCB」
  • PAY ID

こちらから購入できます。

そして、この【TrapTradeSystem】の開発者ブログです。

MT4/MT5のEA・インディケータ、トレード方法考え方など多くのことを学ばせていただけます。

「トレード備忘録 & MT4/MT5インディケータ及びEAの開発 」

トラリピ系EA【Takonomori_EA_MT4】

トラリピ系の簡易版EA【Takonomori_EA_MT4】でも運用中。

トレーリングストップのついていないトラリピ系EA【Takonomori_EA_MT4】は、簡易トラリピ系EAとして、昔からあるロジックのトラップリピートイフダンを使ったEAになります。

【TrapTradeSystem】との違いは、

  • トレイリングストップがない
  • 設定方法が違う
  • 発注本数が100以上できる

現在、EA【Takonomori_EA_MT4】を無料で配布中!!

MT4の運用会社

MT4でEA【TrapTradeSystem】が使えるFX会社

現在「TAKOの森」が運用しています。

楽天証券(FX)国内
OANDA Japan国内
FOREX.com国内
FXTF国内
EZインベスト証券国内
Axiory海外
FBS海外
Titan FX海外
HotForex海外
Land FX海外
FxPro海外
XMTrading海外

【TrapTradeSystem】の設定方法

MT4にEAをインストール

ダウンロードされたEAを下記の順に開いていって、Expetsに保存します。

ナビゲーターのエキスパートアドバイザーを右クイックで「更新」すれば、エキスパートアドバイザーお下に「TrapTradeSystem_TS_MT4」が出てきます。

MT4を開き、ファイル→データフォルダを開く→MQL4→Expets→保存(コピー貼り付け)
https://takonomori.com/?p=6358

EAを稼働させる

EAを稼働させるには、EAを取引したい通貨ペアのチャートを表示し、そこに【TrapTradeSystem】をドラッグアンドドロップ(Drag&Drop)します。

EAの稼働は、各通貨ペアの買い・売りそれぞれ別々のチャートを表示させてください。

例)AUD/JPYでの「ハーフ&ハーフ」の場合、買いと売りで2つのチャートが必要です。

このチャートの上にドロップするとダイアログボックスが現れます。

ちなみに、EAの設定ができていればチャートの右上にが表示されます。

ダイアログボックスの説明

これは、AUD/JPYの買いの設定がすでにしてあるダイアログボックスです。

今回は必要な項目だけ説明します。

SlippagePips

ピップス表示。

ドル円=0.01 EURUSD=0.001に自動調整されます。

Lots

取引通貨ペアのロット数。

0.01=1,000通貨

Positions

最大保有ポジション数。

最大100個までの設定が可能。設定数を増やしすぎると業者から取引停止になるので注意!!

TAKOの森
TAKOの森

始めたばかりのころに警告がメールできました。すぐに設定を変更したので止められることはありませんでした。

BuyTrap

買いの設定の場合はtrue、売りの設定の場合はFales

SellTrap

売りの設定の場合はtrue、買いの設定の場合はFales

StopOrderOnly

逆指値・順張り設定の場合、true

OpenPrice

買いの場合は、最安値の価格

売りの場合は、最高値の価格

TrapIntvl

トラップ幅をピップスで設定。ドル円 0.5円=50

USD/JPY 0.01 EUR/USD 0.0001 =1ピップス

StopLossPips

損切りのピップス設定

StopTriggerPips

順張りオーダーの設定

ピップスを50にしておくと、設定価格から50ピップス下がった価格になるまで発注されません。

OrderRangePips

待機注文を抑えるために発注を現在の価格から一定の範囲に制限をかける機能です。

UseTrailingStop

トレイリングストップ機能を利用する場合、true

TS_StartPips TSPips

トレイリングストップ機能の利益ピップスとトレイリングストップのピップス設定

設定一覧表

設定内容:トレイリングストップあり、買い設定、売り設定

「AUD/JPY」豪ドル/円

最高値:105.00円 最安値:65.00円 トラップ数:各100個 トラップ幅:0.20 逆指値:0.20 発注値幅:0.20 利益幅:0.20 トレール幅:0.20
買い設定売り設定
MAGIC11
SlippagePips1.01.0
Lots0.010.01
Positions100100
BuyTraptruefalse
SellTrapfalsetrue
LimitAndStopOrderfalsefalse
StopOrderOnlytruetrue
OpenPrice65105
TrapIntvl2020
TakeProfitPips00
StopLossPips00
StopTraggerPips2020
OrderRangPips2020
UseTrailingStoptruetrue
TS_StartPips2020
TSPips2020

AUD/JPY 買い設定

AUD/JPY 売り設定

運用中通貨ペアの設定

「TAKOの森」が運用しているMT4の口座、通貨ペアの設定を公開、随時更新していきます。

【EA】MT4でEA【TrapTradeSystem】ZAR/JPY(南アフリカランド/円)の設定
MT4のEA【TrapTradeSystem】で自動売買をしています。今回は、ZAR/JPY(南アフリカランド/円)の設定を説明していきたいと思います。EA【TrapTradeSystem】、EA【Takonomori_EA_MT4】...
【EA】MT4でEA【TrapTradeSystem】USD/JPY(ドル/円)の設定
MT4のEA【TrapTradeSystem】で自動売買をしています。今回は、USD/JPY(ドル/円)の設定を説明していきたいと思います。EA【TrapTradeSystem】、EA【Takonomori_EA_MT4】、EA【Tr...

【TrapTradeSystem】のまとめ

【TrapTradeSystem】はトラリピよりも優秀で、為替以外にも株価指数、仮想通貨でもトラリピ運用が可能です。(実験済み)

また、【TrapTradeSystem】に限らず購入後に商品のアップグレードがあった場合、メールでアップグレード商品が送られてきたのがうれしく感謝しています。

【TrapTradeSystem】はMT4とMT5の2つのEAがセットで販売されている為、今後MT5が主流になってきた場合でも問題なく使えるのが良心的です。

もちろん、MT5(海外)でも運用しているので問題なく使えます。

国内外のFX会社で運用できる、すべての通貨ペア、株価指数、仮想通貨でトラリピ運用をするのであれば間違いない商品だと思います。